プロフィール

バロンまま/295 

Author:バロンまま/295 
バセットのバロン、トイプードルのアントニオ、黒猫のトトと暮らしています。動物大好き。

バロン
2000年11月23日生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイキ交流会

先週土曜(26日)レイキ交流会に参加してきました。
これは、レイキを伝授された方はもちろん全くの初心者の方も参加できます。
ということで、レイキには胡散臭さを感じている友人を連れ出しての参加です。
今回は18名参加。うち伝授を受けていないという方が半分以上。
簡単なレイキについての説明と実践でした。
皆で丸くなりレイキをあてていったり、グループで手当てをしたり。
更には持って来た水、お茶を浄化したり。(味が変わります)
特別伝授を受けていなくてもレイキとは宇宙のエネルギーだから誰もが使えるんだなと。

私は先月サードを伝授され、いよいよ最強マントラも使えるのですがセルフではびっくりするほどのエネルギーを感じるのですが他者になるとうまくレイキの響きというものを感じることが出来なくて。
でも今回の交流会でそういった焦りみたいなものがなくなりました。
レイキは遠隔もでき、初めて遠隔をつかってみました。
願望成就のレイキというものがあります。理にかなっているものであれば成就する。かなっていないものであれば別な形でそれは訪れるというものです。
私は『アンが元気に庭を駆け回り、以前のように楽しそうにピョンピョンしている姿』を想像しレイキを送りました。

友人は「いつもは手が冷え冷えなのに~」とか「ウーロン茶が麦茶に変わった」などレイキを少し体験することが出来てました。
先生のお話もレイキは愛で、毎日の生活でもどんどん使っていきましょうと。
確かに特別な行いではないのだと思ったので、それとちょっと自信にもつながったので最近は両親に遠隔でエネルギー送ってます。

いい体験ができ、また参加したいと思いました。

スポンサーサイト

まさかまさかの椎間板ヘルニア

先週のセミナーが終わったあとxiuちゃんから「アンが変だよ」と電話。なんでも足を引きずっていて痛そうだそうだ。
バロンと喧嘩でもしたか~と気楽な予想をして家に帰ったのですが・・・
「アン~ただいま~。どうした?」っていつもどうりに抱っこしようとしたら「ぎゃん!!」って悲鳴。
聞いた事ないくらいの声でこっちがビビリました。
気を取り直し今度はゆっくり足を触ってみる。でも痛がらない。ま、とりあえず様子みようってことで放置していたのですが・・・2日後には普通にダッシュするくらい元気に。
やっぱりバロンと喧嘩してやられたんだねって安心してました。
が、その晩、夜中にまた痛そうな声で鳴いて飛び起きてしまいました。
観察していると物音に反応して起きたときや不意な動きに突然鳴くって感じです。例えばバロンが急に起きたとか、トトが飛んできたとか。夜もハウスでは寝なくてペットシーツで寝てる。
で、もしかして腰が痛いかな~なんて思ってレイキをあてたりしてたんですが・・・
どうにも尋常じゃない様子なので22日にやっとこさ病院へ。
今までの経緯を話すと
先生「椎間板だね
まま「え?椎間板っていわゆるヘルニアってやつですか?」
先生「そう、トイプーにも多いんだよね。年齢とか関係ないし」
まま「ギャー、マジかよ!!椎間板は絶対バロンだと思ってた~。聞いてないし」大いにうろたえ、どうしよ、どうしよと頭がグルグル。
一応レントゲンを撮り骨には異常がないと確認(あ、異常はあったんだ。なんでも肋骨が1本多いそうです)椎間板は軟骨なのでレントゲンには写らないけれど先生が腰を触ると椎間板ヘルニアのコ特有の動きをする。
とりあえず今のところ麻痺はないし、痛み止めを飲んで2週間は安静に。散歩も無しです。
アンはバロンに負けたくなくてどうしても後足で立って自分をアピールすることが多いし、デッキにしろソファにしろ段差は辛かったはず。
あ~あ、また反省。
なんか、しょっちゅう勉強しに行ったりしてる割りには彼らの不調を見抜くこと出来てないよな。
基本の観察を怠ってはだめだなぁ。ちゃんと声に耳を傾けないとだめだなぁ。

・ 

ダメままです。

ワクチンのセミナー

17日、ワクチンのセミナーに行ってきました。
今回のセミナーはなんと地中海料理のランチ付き。腹いっぱい食べた後眠気と戦いながらのセミナーでした。

毎年接種するのが当たり前かのようになっている混合ワクチン。しかも最近は7種8種とどんどんその数が増えていってますね~。うう~ん、私も生食を始めるまではワクチンは狂犬病とセットで年に一回は受ける物と思っておりました。が、しか~し、最近の流れでは(あくまで欧米では)ワクチンは3年に1回にしましょうとか、色々変わってきております。
そもそも何故そんなにワクチンを打たなくてはいけないのか?
最近のペットブームでペットホテルに預ける時、ドッグカフェ、ドッグランを利用するときに提示を求められる場合があります。それで打っちゃうのかな?
うちは基本的にそういうところへは行かないので、ワクチンは打ってません。
それに、もう、年だし。シニアには打ってもいいことないです。
混合ワクチンの中には一度打てばもう一生打たなくても大丈夫なものや、冬に打っても意味がないものや実はその種類によって効いている期間というのはマチマチだそうです。だからもう、打たなくていい物を毎年打っていたりするわけです。
過剰接種というのは当然ワンコ、ニャンコの身体に良いわけがありません。
分かっている副反応
●アナフェラキシー→レプトスピラのワクチン接種後は注意
●ワクチン接種後犬ジステンパー脳炎
●免疫介在性溶血性貧血→接種後一ヶ月以内に生じる
●自己免疫性再生不良性貧血と免疫介在性血小板減少症→犬パルボ生ワクチンで自分の免疫が赤血球を攻撃したり血小板を攻撃する、キャバリアは注意
●猫の繊維肉腫→猫白血病ワクチン接種後注射部位に繊維肉腫(悪性ガン)、非常に稀です

疑われる副反応
●皮膚炎、アレルギー
●関節炎
●てんかん
●腫瘍、ガン
●甲状腺異常
●問題行動(特に攻撃性)

これだけ見ても、身体に悪いですよね。
で、お勧めはワクチンを毎年打つ代わりに抗体価の測定をして低下しているウイルスだけを接種してもらうという方法。また周囲の状況にあわせた接種も必要です。
夏のキャンプなどへワンコを連れて行くときはレプトスピラを、競技会やドッグショーなどワンが多く集まる場所に連れ出すのであればパラインフルエンザを接種など。
それから接種後は解毒もお勧めします。バッチのクラブアップルは解毒のレメディです。

うちはここ最近打っていないけれどでも、かつては毎年接種していた時期もあるからこれから先何かワクチンのせいで発症することもあるかな~なんて思いながら帰って来ました。



ハイキングウォーキング

金曜日、4時起きでバロンたちとハイキングに行ってきました。「山行くべ」って話になるとだいたい行くのが丸沼高原です。ここはかつては毎冬スノーボードでお世話になってました。が、夏も遊べます。
日光を通って行ったのでまずは中禅寺湖で休憩。
湖をあるく
やっぱり山はまだまだ寒かったです
日光
中禅寺湖を味見してみる

更に移動して丸沼湖へ。
湖
まだ、朝の7時なのに釣りから帰る人がたくさんでした。一体何がつれたんだろ?
水に入ってみた
ここでは水に入ってみたバロン。でもあまり積極的には行かないねぇ。
アンは固まる
アンに至っては固まってます

続きを読む

トトの散歩デビュー

マリチさんが発行しているメルマガで無料でACの募集をしていました。いつもいつもお世話になっているのにも関わらず今回はトトをACしてもらうことに。
トトはエネルギーに敏感なコと判明。溜まったお水を飲まないのはエネルギーが停滞しているからだそうで、高い所から空気の流れを感じたりしているそう。で、とても運動不足だと言ってるようです。ご飯と運動のバランスが悪いんだって。ちなみに猫草はまずいから嫌いだそうです。
言われてみればお水は例の奴に変えてから蛇口からは飲まなくなったし、ご飯は生肉なのに運動が極端に少ないもんね~反省。
という訳で、昨日からトトのみリビングと廊下をフリーにしました。バロンたちはとりあえず朝昼晩と庭に出てるし、奴らには今まで通り留守の間は我慢してもらおう。
更にチャレンジしているのはハーネスをつけて外に出すこと。
今までも抱っこしたまま外に出て風を感じたり、カエルを見せたり、燕を見せたり・・・はしていたけれど万が一いなくなったらと思うと外には出せなくてねぇ。で、アンが以前使っていたハーネスを装着してみた。
デッキに出る
初めてデッキに立ってます

続きを読む

特別セミナー

先月の28日、7月6日と2週続けて本村先生のセミナーがありました。
いつもの食餌中心のセミナーとは違い今日からできる身体作り腸を鍛える!という内容のセミナーでした。
28日の「今日からできる~」では犬、猫にはかつて役割(仕事)があった・・・というお話。
それぞれの犬種には得意な分野があってそのために開発されてきたのに、家庭犬ではその仕事を奪っていると。
例えばバロン。一応猟犬グループなので追跡を得意とします。が、猟などしませんので活躍できず。今はただの無職のおっさん状態。
寝る
ま、いつもこんな感じ。
例えばトト。本来はネズミを駆除するお仕事。でも完全室内猫なのでただの甘えん坊で世間知らずな猫王子。
トト
ぎらり!!
我が家で唯一本来の仕事に近いことをしているのはアン。トイプーはコンパニオン犬なので人間のそばにいるためのワンコとして開発されたんですね~。アンはその意味ではちゃんと働いてるのね。
アンの仕事
今日もせっせと働いています

続きを読む

スロープ

バロンたちの腰を考えた時、デッキにはやはりスロープが必要でした。
何ヶ月も前から連絡をとって頼んでいてやっと今回出来上がりました。
スロープ

あとはこれをちゃんと使ってくれることを祈るのみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。