プロフィール

バロンまま/295 

Author:バロンまま/295 
バセットのバロン、トイプードルのアントニオ、黒猫のトトと暮らしています。動物大好き。

バロン
2000年11月23日生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除菌グッズ?

我家の庭には木が殆どありません。(椰子の木が1本だけ)だから天気のよい日は日陰がなくて暑いのです。昨日天気がよかったので鉢植えの観葉植物を外にだしたら・・・
2008.9.24~9.28 004
2008.9.24~9.28 006
バロン、日よけにしてました

さて須崎先生の指導通り、バロンに臨界水を効果的に吸入させるためHeavenly Scent 超音波アロマディフューザー(アロマ 加湿器)を買ってみました。
2008.9.24~9.28 008
ピンボケなのはデジカメの調子が悪いから。最近PCの調子もイマイチだし、どうしてこういうのって続くのでしょう

続きを読む

スポンサーサイト

病院のはしご

手術後順調な回復を見せていたバロンですが、ちょっと前から手術した太ももに水(体液?)が溜まりはじめていました。
手術後の説明ではもし水が溜まるとしても抜糸をする前までに溜まるケースが殆どで抜糸後に溜まることはあまりないってことだったのです。
でも溜まってきてプックリしてるので23日に病院へ行ってきました。
先生もこんな時期に何故と不思議がっていて私は密かにもしやホメオパシーの好転反応か!!などと思っていたのでした。
水を抜いてもらって、一応検査。
先生が「ぱっと見、肥満細胞はないけれどちょっと怪しいのがあるからちゃんと精査する」とのこと。
時間がかかるので電話で連絡をくれることに。
なんでかな、もう大丈夫っていう気持ちが強かったので全然平気でした。
3時間後くらいに先生が連絡をくれて、やっぱり大丈夫って。
ははは、よかったね~バロン。

さてさて23日はもう一軒病院へ。
それはあの有名な(?)須崎動物病院です。
須崎先生のペット食育協会インストラクターを受講したお友達から教えてもらい、バロンのために何でもやってやろうと思っていたので診察を申し込んでいたのです。

病院からのメルマガやHPをみるとなんだか不思議な診療をする・・・とは思っていましたが、最近はいろんな魂のお勉強もしてるし、ちょっとやそっとじゃ驚かないつもりだったのですが、何がなんだか???でした。
まあ、簡単に言えばダウジングみたいな感じかな。バイオレゾナンスというものらしいです。
体内にある病原体や物質が共鳴すると金属の棒が揺れる・・・みたいな。


で、バロンの体内にもウイルスと病原体が存在しているとのこと。確かに先生のもってる棒?がグルングルンまわってた。
原因不明といわれる肥満細胞腫でしたが、原因は
空気感染する病原体に感染→感染部位の異常緊張→血行不良→代謝・抵抗力の低下→ウイルス活性化→症状悪化 という事がわかりました。
更に化学物質の蓄積(食品添加物)がみられるとのことです。
重金属、静電気の影響は問題なく、栄養のバランスも問題ないそうです。

これからの治療は
①体内と室内から病原体を排除し
②ウイルスを排除し
③炎症反応・異常物質を調整する
ということです。それぞれの感染レベルにもよるけれど先生が言うには一ヶ月きちんとやればいわゆる肥満細胞腫の転移のもとはなくなるとのこと。
また今回の診察でバロンに悪性腫瘍は無いということがわかりました。





続きを読む

土手へ

20日は夕方利根川の土手へ行ってみました。
椎間板ヘルニアを患ってから散歩はずっとパスしていたアンも今回は張り切って行きました。
2008.9.15~9.20 018
2008.9.15~9.20 022
2008.9.15~9.20 019
すっかり秋の景色です
2008.9.15~9.20 033
アンが長距離歩かなくて済むようにニューアイテムを手に入れました。
カンガルーの気分です。
居心地がいいらしくおとなしく入ってます。

おまけ 今日のxiu
一昨日からxiuちゃんがバイクで一人九州へ向かいました。
昨日は朝yummyyummyさん家でお茶してると電話があり、夕方には福井県にいるとの連絡。
で、本日は鳥取砂丘でらくだを見てたそうです。
で、その後は私が強く勧めた境港にある水木しげるロードへ行ったそうです。
photo.jpg
あああ、鬼太郎ですね~
image.jpg
妖怪のブロンズ像があちこちにあるんだって~いいなぁ。
明日には九州入りだそうです。

みんなで庭へ。

20日朝からお休みをもらえたので7時30分からガーデンヨガに参加。
その後みんなを庭に出しました。
2008.9.15~9.20 006
まったりとくつろぐバロン
2008.9.15~9.20 007
アンはいつもの通り忙しく歩き回り
2008.9.15~9.20 008
トトも出ます。すっかり外が気に入ったトトはハーネスを嫌がりもせず付けさせて一緒に歩き回ります。
ただ、彼の目的は・・・
2008.9.15~9.20 011
もちろんカエル。

続きを読む

今日のカエル

200808311353000.jpg
穴から覗いたり
200808311655000.jpg
乗っかってみたり。

アン

久しぶりにアン、さっぱりしました。
先月中にトリミングの予定だったのだけど椎間板ヘルニアになったりその後涙焼けで皮膚がただれたりアンもトラブル続きだったのでずーっと伸びっぱなしでした。
2008.9.13 好転反応か? 012
毛もじゃの塊ですよね。ちなみに自分の頭ほどもある牛骨を齧ってます。
IMG_2627.jpg
さっぱり。今回は耳の毛のカットの仕方がいつもと違う。まるで邪馬台国の人みたい。

好転反応?

ホメオパシーを始めて1週間、そろそろ何か反応があるかな~と思っていたら…
バロンの耳
耳の下半分の毛が抜けてきてる。
バロンの耳
赤くて触るとボコボコとしたものがたくさんあって。
裏側(内側)も同じようにボコボコしてる。
これが好転反応なのかな?

今日のカエル

200808140924000.jpg
仲良しです。

今日のカエル

200807270945000.jpg
柱にしがみついてるよ

今日のカエル

200807211616000.jpg
ピンボケ。
小さい葉に体を一生懸命乗っけてます。

エイジアッック

バロンが病気してからというもの、毎日のように我が家には宅急便がきます。
いろんなサプリメントや水、良いと聞いたものを取り寄せているのです。

先日はガン、腫瘍に良いとされる「エイジアック」をついに入手。
免疫力を上げてくれるそうです。
2008.9.4~9.5 エイジアックとバロン抜糸 003
作り方がついていたので説明書どおりに2日かけてエイジアックのリキッドをつくりました。
が、その量2リットル。
なんだか、薬草の匂いが強烈です。
2リットルなんて大量のものを短期間で使いきれるわけもなく
リキッドにしないで、そのまま粉末でご飯にかければよかった~って思ってます。

というわけでバロンと一緒に私も飲んでます。

今日のカエル

今年はカエルがやたらたくさんいました。
カエル大好きな私は携帯に撮りため、いっぱいになったのでお気に入りを。
200806221008000.jpg

動物相談会へ行ってきました。

日曜はホメオパシージャパンの動物相談会へ行ってきました。ここにはQuantum Xrroidという機械があって、動物の考えがわかるとか。

相談会を申し込んですぐに問診表が届くんだけどかなり細かいことを書かなくてはならない。これが結構一苦労。ちゃんと専用のノートとかつけてなかったから記憶と写真を頼りに書き進めていたんだけど昔の写真なんか見ると見入ってしまってなかなか作業が進まなかったなぁ。

で、相談会。バロンは室内を自由に歩いたり寝てたり特に何もせず。
アニマルホメオアパスの方が問診表を見ながらあれこれ聞いてきて、今回は肥満細胞腫の対策のために行ったのでそちらが中心の話題でした。
いつまでたってもQXマシーンにかけないので(人間ならベルトを頭に巻く)聞いたら「もうやってます、誕生日と名前で出来ます」って。
腫瘍はワクチンのせい
スクールは嫌いだった
アンのことは好きでも嫌いでもない
手足を拭かれるのが嫌い
などと答えてくれました。
不思議な世界にまた、触れてしまった!!

幾つかのレメディを出してもらったのでこれから毎日飲み続けます。
どんな反応が出るかな~
待合室
待合室でくつろいでいるところ

ついに抜糸

バロン、ようやくこの日を迎えました。
カラーをしているととにかく不便がいっぱい。
お水も飲みづらいし、ご飯も食べづらい。歩く時ぶつかるし、なんといっても痒いところを掻けないというのが物凄いストレスだったみたい。
しかも今朝、まだ続いていたお腹イタイイタイの後のウン様を臭ってそのままカラーを使ってフカフカの布団に運んでました

が、ようやく抜糸です。
先生が傷口を確認して、大丈夫とのこと。
更に実は手術した足の太ももの後ろ側の内側にコリコリしたものを発見しビビっていたので先生に言ったらどうやらそれはリンパ節を取ったためみたい。先生は前から気づいていたって。
安心しました。
バロン
感動のウリウリ
仲良し
アンもやっと安心してそばで寝れるね(カラーをしてたときは距離があった)
トトも
トトも近くまで様子見




そうそう一つ朗報が。
今回はトトも定期の検査に。
そうしたら、クレアチニンの値が1.6という正常値まで下がってた!!
他の値も問題ないので安心。
何が良かったのかわからないけど、とりあえずこのままの食餌で大丈夫みたいだな。

これからのこと

日曜に診察しますといいましたが、実はバロン一日早く先生に診てもらってました。

土曜日、随分回復したので留守番を言い置いてnina先生のACワークショップへ参加するつもりでした。ところが朝ごはんをガツガツ食べたあとに血便。
今までこんなことってなかった。
血の多さに物凄く動揺し、半泣きでxiuと病院へ電話。
ワークショップへはキャンセルを伝えた。

そういえば前の晩、おかしかった。
イライライライラしててトイレシーツをグシャグシャにしてカラーをしてるせいで唯一そこしか舐めれない耳を猛烈な勢いで舐め続けて。
横になったかと思うとまたグルグル歩き回って。
あまりに異常だったので、バロンのそばに転がって寝て朝までいた。
そして、血便。

病院へ便をもって行き詳しく話す。
結果キャンピロバクターという細菌がたくさん見えるって。これのせいで大腸が炎症起こしてたんだね、とのこと。
どうやら鶏肉やらを生で与えていたからそこから感染したのかな?普段は平気なのにやはり免疫力が落ちてるらしい。
これに関しては心配なし。薬をもらって様子をみることに。

で、肝心の肥満細胞腫については、今回完全に取りきってるようだし(肉眼レベルで)『グレード2』ではあるが最近の獣医療の流れで単発性の肥満細胞腫であればその後の抗がん剤治療や放射線はしないでも良いとのことらしい。
ただ、バロンが単発性のものかはわからないわけで、とにかく注意が必要。
多発性のものだとたけのこが生えてくるようにボコボコでてくるらしい(パグに多い)
ただ、心配なのが体重の激減。
入院中よりうちに帰ってきて2キロ近く減ってる。
ご飯は以前と変わらない量をあげてるのにな。
それも原因がイマイチわからない。
ただ、とりあえずは化学療法は必要ないとわかった。
良かった。
先生には少しでも身体に負担がかからないようにホメオパシーを考えていると伝えました。

傷口は順調に回復中。
あと5日もすれば抜糸しても大丈夫みたい。
バロン、もう少しの我慢だね。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。