プロフィール

バロンまま/295 

Author:バロンまま/295 
バセットのバロン、トイプードルのアントニオ、黒猫のトトと暮らしています。動物大好き。

バロン
2000年11月23日生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

十三夜

昨日は十三夜。
お月見は十五夜とセットでしたほうがいいそうです。片方だけだと「片見月」といわれて嫌われたそう。
十三夜
ススキがなかったのでその辺にあったススキっぽいのをとってきてみた。
おザルの中には水晶のさざれ。月光浴で浄化力をup。
スポンサーサイト

お守り

xiuの母からお土産でお守りをもらいました。
20091027205651.jpg
残念ながら人数分ではないのでリビングに飾ってみんなにご利益が行くようにしようね。

脱毛と脱皮

現在バロン大量に脱毛しております。
なんかこの前大量に抜けたばかりだった気がするのに…
毎日ブラッシングしてるけど絨毯には大量の毛が落ちてて、掃除機はあっという間にバロンの毛でいっぱいに。
ケツ毛
今にも落っこちそうなケツ毛。
そしてこの人は
飲み込む
大口開けてますがあくびではありません
ん
んん
こうやって口を開けたり閉めたりを繰り返して自分の皮を飲み込んでしまう。自分で片付けてくれるから散らかんなくていいよね~

ばあちゃんより

xiu父のお土産で大量のキノコを頂きました。デカイしいたけやシメジなど。そして見たことない「あみだけ」というキノコも。まるで山から採ってきたそのままのように落ち葉やなんかがついてて無造作にタッパーに乗っかってたのだけど、「大根おろしと和えると旨い」らしい。
で、バイクのかごにそれらキノコ類を乗せていたら知らないうちにこんなものが。
ばあからのメッセージ
死んでしまう
90歳を過ぎるばあちゃんは私を本当の孫のように可愛がってくれる。まだまだ元気だからうちの庭の雑草取りとか手入れもしてくれる。
そんなばあちゃんが心配してこっそりこんなメッセージを。
笑っちゃったけどありがたかった。

あみだけは大根おろしで和えて頂きました。
あみだけ
水につけすぎたのかなんか絶品って感じではなかったけど…

だげきみ届く

あの、青森で喰いはぐっただげきみが届きました。
青森の旅で唯一の心残りだっただげきみ。
こっちに帰ってきて二日後の27日にハナちゃんから届きました。
きみ
こんなに入ってる
朝採れたもの。
立派です
太くて立派。
おいしそう
甘くてとっても旨かった!!わざわざ買うために嶽まで行ってくれたハナちゃんに感謝です。


豆腐田楽 生キャラメル

次の日の朝は早朝から目が覚めてしまい、5時半ころから近くの別なホテルの温泉に入りに行きました。それから朝食。
チェックアウト後に二度目の酵素風呂でした。
今回はちゃんとご飯食べてたので湯あたりもしなかったし(前日よりぬるかったかな)頭もジリジリしなかったし、米ぬかは体にまんべんなくくっついていたのできっと滞りも解消したのかも。

さて、米ぬかのニオイをプンプンさせながら(ボディソープ使えばいいのだけど、酵素の効果も落ちちゃいそうでぬかのみシャワーで流した)帰途につきます。
のどかな
のどかですな~
湧水亭
お豆腐屋の湧水亭 卯の花ドーナツが人気でお客さんがひっきりなしに来てました
ドーナツももちろんフカフカでおいしかったけど、店内で
田楽
豆腐の味噌田楽を見つけ、写真撮る前に食べちゃった。めっちゃ旨かったです

このあと一度家に戻ってから生キャラメルを食べに。
20090924121459.jpg
あの、花畑牧場の生キャラメルが青森で食えるんですよ!!義剛、やるなぁ。
花畑
キャラメル
ホットキャラメルアイスクリームを頂きました。
温かいキャラメルソースが冷たいアイスにかかっているんだけど旨かったなぁ。

あぁ、とっても充実した毎日でした。ありがとうハナちゃん!!

お月見

お月見

中秋の名月
綺麗なお月さまも撮れました

酵素風呂 豪華!?海鮮料理

さていよいよ酵素風呂です。健康小町というところ。
普通のビジネスホテルの中なんですがそこに1泊して酵素風呂に入れるのです。
酵素浴
米ぬか発酵ちゅう
この中にまっぱで入ります。最低限の物を身につけても良いらしいけどベストは裸だそう。これは米ぬかを発酵させたもの。独特の結構すごいニオイ。
酵素浴中
入浴中。ガーゼで呼吸ができるようになってます。60度~70度くらいの温度があるようで温かい、というか部分によっては熱い。私の場合、頭がジリジリと焼けるように熱くて脳みそがとろけて出ちゃうかと危機感を感じ自分で位置をずらしたりしてました(こういうときは早めにスタッフに声をかけるのがベストです)まっぱなので不安だったのが菌やらナンヤラのこと。だってさ、他人が入った後にもまっぱな訳よ、不安だよね~あれやこれや。でもこの熱さで悪い菌は発生しないんだって。この話聞いても潔癖症の方には無理かな。

15分くらいの入浴で全身汗がだくだくな感じ。体のどこかに滞りとかあると米ぬかが体にくっつかないらしい。私は肺のあたりと右の太もも、ふくらはぎについてなかった。シャワーを浴びて米ぬかを流すことに。
ところが私、朝も昼も腹にたまるものを食べていなかったため、湯あたりを起こしフラフラに。
吐き気はするし、呼吸も浅くなっちゃうし、掌が勝手にキューってちぢんできちゃって…
マジでヤバかったです。
せっかく温まった体もかなりぬるい湯をかぶらないとヤバいくらいだったです。
こういうときもさっさとスタッフに声をかけましょう。
私は心配、迷惑かけちゃならんと必死に自分でクリアしましたが、は~ヤバかった。

が、お肌はモチモチになったし、身につけていたピアスや指輪は輝きを取り戻しました。
酵素、すごいよ。
アトピーの人が1週間、一日4回入り続けて見る間に肌が再生しピカピカになったりするそう。それから「老化は止められないけど、遅らせることはできるのよ!!」というスタッフの言葉、忘れられません。


続きを読む

予定変更 恐山 のみ

わさおの旅の次の日はむつ市にある酵素風呂のあるホテルに一泊です。
運転はもちろんハナちゃん。
酵素風呂がメインではあるんだけれどチェックインまで時間があるので恐山へ行くことに。
私もハナちゃんもずいぶん昔(たぶん小学校前とかそのくらい)に行った記憶しかなく正直どこにあるのかもわからずなんですが、迷うことなく到着。
ですが、これより恐山みたいなところに入ると道の両側はシーンとした林。ヘアピンカーブと急勾配が続きカーブごとにお地蔵様がたってらしたりするので何だかどんどん違う世界へ行きそうな感じでした。
林を抜けると三途の川と書かれた橋がありました(撮らなかったけど)
恐山入口
恐山入口
荒涼とした
やっぱり荒涼とした
中に入ると荒涼とした景色が広がります。あたりには硫黄の匂いが立ち込めています。
ところどころに
地蔵様
お地蔵様
でかい
慈覚大師円仁さま
いしつみ
石が積まれていて、黄色いのはそこから硫黄が噴き出しています。
他にも慰霊の塔、千手観音やたくさんの地獄(血の池地獄とか重罪地獄とか書かれている場所があり地蔵様がいる)がありました。
いろんな想いを感じ、感じすぎました。
そんな気分の時に極楽浜のほうに
天使の梯子
天使の梯子が掛かっていて思わずパチリ。
うそりこ
ここは宇曽利湖というのですがなんだか不思議な感じの湖でした。
死と生がそのままそこにある感じで荘厳すぎて無口になっちゃいました。

が、帰りにはしっかり
霊場アイス
アイス
霊場アイス。ヨモギ味にチャレンジ。草もちをそのまま食べたような味のアイスでした。恐山盛りってのが気になったんだけど単味は恐山盛りではなかったです。ハナちゃんは3色にしたので恐山盛り(たぶん)
気持ちも、お腹も一杯になった(なんとなく)ところで恐山を後にしました。
かえりに
湧水をいただく
湧水をいただいて、目的地のホテルへ向かいました。


は~。恐山でてんこもりだったので
酵素風呂 豪華海鮮料理(私的には) は明日にします。




わさお 岩木山神社 だげきみ

「わさお」って知ってますか?青森の鰺ヶ沢というところにいるイカ屋の看板犬です。ちょっと前にメレ子さんという方のブログからネット上で話題になったりしたので知ってる人もいるかな?ぶさかわ犬とか言われてます。

というわけでわさおに会いに鰺ヶ沢へ行きました。親友のハナちゃんが運転手で、ハナちゃんの甥っこも一緒です。
鰺ヶ沢
海が近~い。
わさおの店
わさおの店ですとデカデカと書いてあるのでやや混み気味。
まずはわさおを見に。
わさおの家
いないじゃん・・・がっくり。から振りかぁ。
まぁ、いいや。イカ買って帰ろうっと。
店内
店内にはスルメや干物に混ざりわさおの写真があふれていました。
店の外に干してあるイカの生干しを買いながらお店のおばちゃんにわさおのことを聞くと
「お母さん(飼い主さん)と一緒にご飯食べに行ってらの」って。
くそー!!会えないのかぁ。って思っていたら
「1時に高校生の取材があるがら、帰ってくるよ」との情報をゲット。
というわけで
いか焼いてる
ここで焼いているイカを食いながら待ちました。
イカを食う
甥っこイカを食う。旨かったなぁ~

続きを読む