プロフィール

バロンまま/295 

Author:バロンまま/295 
バセットのバロン、トイプードルのアントニオ、黒猫のトトと暮らしています。動物大好き。

バロン
2000年11月23日生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

バロン初体験

今日はバロン、リハビリでした。
で、飼い主の私たちは病院で行われた無料の「動物のリハビリテーション」というセミナーを受けました。

どんなときに必要なのか
どんな種類があるのか
どんな効果がえられるか

など。久しぶりにワンコの勉強。楽しいな。

今回は特に病院に最近導入されたウォータートレッドミルの説明、実際の様子も見れました。

病院のワンコ。むっちゃんがモデルで歩いてくれました。




そして、バロンも特別に体験。

初めてライフジャケットをきて、入水
最初は先生が後ろ足を支えてくれ

浮力が出てきたら一人で。おやつに釣られてすこーし歩いたね

歩くのやめるとお尻が後ろにぶつかって巻き込まれるよ~

だんだん、イヤになったのか(笑)緊張したのか、キレぎみになってきたので終了。
テンションあげあげで出来るようになるといいな。


今回のセミナー、私たちの他にもう一人だけ。平日だからしょうがないのかな、無料で勉強できてよかった。
そして、もう一人のかたはコーギーを飼ってるかたでした。
遺伝の病気でやはり下半身が麻痺しているそう。治療の薬も方法もみつかってないっておっしゃってた。色んな病気があるな。QOLを向上させて健やかにとにかく長生きしてほしいなと思いました。

続きを読む

スポンサーサイト

青森最終日


なんと、シュレーゲルアオガエルを庭の池で発見!!

いやー最終日にこんな綺麗なケロさまにも会えるとは!!
感動の最終日でした!
短い夏休みおわり。

青森に帰ってました

二日めは朝から

市場へ。新鮮な魚介がたーくさん。大きな牡蠣を頂いた!!

マグロを探していたら、生のマグロを捌いてるおいちゃんが。
大間のマグロなんだって。おいちゃんいわく、大間産のマグロはほとんど都会に行ってしまうからなかなか手にはいらないんだって。その言葉を信じて、中トロお買い上げ。


その後ケロさま求めまた畑や庭をさ迷う。

そして夜は両親と

五所川原の立ねぷた。20メートル超えの巨大な山車を引いて「ヤッテマレ」の掛け声とともに練り歩いてました。迫力ありました。

青森には青森ねぶた弘前ねぷた五所川原立ねぷた ってのがあって、それぞれお囃子も掛け声も山車も違うのです。お祭り期間がだいたい重なるのでこの時期に青森来ると青森の代表的な祭りを網羅できるのです。

ねぶたが終わると青森の短い夏は終わった…て気になります。
そして、わたしの短い夏休みも明日で終わりだ

青森に帰ってました

夏休みをもらいました。新幹線が新青森駅まで通ったので便利。

約三時間で青森まで。一眠りしたら着いたよ。夜の青森は涼しいを通り越して寒い。

次の日は朝から家の庭と畑の散策。

栗のイガイガのこどもやケロさま、
蔦が綺麗にからまってたり。
自然がそのまま残っててうれひい。

昼間は久々親友に会い

ずっと食べたかったまる海ラーメン食って浅虫の海へ。まる海ラーメンは煮干出汁がききすぎている、癖になる味。
浅虫では海で泳ぐ若者たくさん。青森も夏だなぁ

夜はねぶた祭り!

これが見たくて今年は早く夏休みをもらったのだ。10年ぶりくらいかな、ラッセラーの掛け声にお囃子で血が騒ぐ!!
2日から7日までと短い期間の祭りに青森の人間は情熱を注ぐのです。やっぱいいわぁ。

つづく。